fc2ブログ
上野公園 3

(きれいに整備された上野公園,チェーン店のカフェもできました)

都美術館

(東京都美術館)

毎日展入口 2

(東京都美術館の会場)

 先週,「第65回 毎日書道展」を観に行ってきました。
 上野の東京都美術館と六本木の国立新美術館の,2つの会場で行われています。
 今年は,1万4千点の作品が,それぞれの会場に分けられて展示されています。全国から出品された約3万5千点の中から審査を経て入選した作品です。

 伝統的な書から現代書まで,あらゆる分野の書道を観ることができる,貴重な書道展です。

 私の作品は,今年も入選することができました。
 師事している先生のご指導を受けながら,作った作品です。
 この場をお借りして,先生に御礼申し上げます。

毎日展’13 1

 上の写真の真ん中にあるのが,私の作品です。東京都美術館に飾られています。
 2尺×6尺(61㎝×182㎝)のサイズの,かなの作品。
 縦書きに和歌一首(万葉集の歌)を書いたもの。
   
 作品については,こうすればよかった,ああすればよかった…といろいろ反省もありますが…。
 それでも,入選はうれしいこと。
 私の教室の生徒さんから,「観に行ってきました!」という話を聞くと,やはりよかったと思います。
  
都美術館 休憩室1

 都美術館 休憩室2
  
 上の写真は,都美術館内にある休憩室。
 きれいな色合いのイスと,窓から見える上野の森がとてもいい感じで,落ち着きます。
 ここでときどき休みながら,ゆっくりと館内を観て歩きました。

国立新 1

手島右卿

 自分の作品を観たあとは,六本木の国立新美術館へ。
 そこでは,さらに高い評価を受けて賞を与えられた作品が展示されています。それらの作品と,特別展示の「手島右卿の書道術ーその世界性」をじっくり鑑賞してきました。

 手島右卿(1901~1987)は昭和に活躍した書家。「少字数書」のパイオニアとして知られています。
 「少字数書」というのは,一~二文字や数文字程度の書の作品のことです。今では一般的ですが,古典的・伝統的な書の世界では,もっと多くの文字から成り立つ(文章になっている)書が一般的でした。手島は現代書道を開拓したひとりといえます。
 
 やはりすばらしかったです。
 
 手島右卿の特別展示については,書にたいする考え方などとても刺激を受けました。
 また,機会があれば,ブログで詳しく紹介してみたいと思います。  
 
 毎日書道展は,8/4(日)まで開催されています。(優秀な受賞作品は,東京展の後,全国を巡回して開催されます)
 私の書道のお仲間で,立派な賞を取られた方もいます。その作品を観に,また行きたいと思っています。

 特別展示もとてもすばらしいので,興味のある方は,ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト




[2013/07/26 20:15] | 書道展
トラックバック:(0) |

あら、奈○ちゃん
リッケン330
お久しぶり
訪問者暦みてたら、奈○ちゃんのブログの名前が・・・
元気ですか?
たまには遊びにいらっしゃい


なしょう
 リッケン330さん,コメントありがとうございます!
 もしや!?と思いましたが,やはり^^;
 ご夫婦ともどもお元気そうでよかったです。
 また,ときどきチェックしていただけたらうれしいです。
 私も,ときどきおじゃまいたします!!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
あら、奈○ちゃん
お久しぶり
訪問者暦みてたら、奈○ちゃんのブログの名前が・・・
元気ですか?
たまには遊びにいらっしゃい
2013/07/29(Mon) 12:22 | URL  | リッケン330 #-[ 編集]
 リッケン330さん,コメントありがとうございます!
 もしや!?と思いましたが,やはり^^;
 ご夫婦ともどもお元気そうでよかったです。
 また,ときどきチェックしていただけたらうれしいです。
 私も,ときどきおじゃまいたします!!
2013/08/01(Thu) 15:44 | URL  | なしょう #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: