fc2ブログ
 以前(5/26)に,私が講師をつとめたイベント「初夏の書家」(5/30の記事)の会場となった,テラバヤシ・セッケイ・ジムショ/musubiが,雑誌『住む。』(NO,46,2013年,夏号)で紹介されています。
 建築家・寺林省二さんの自宅兼事務所。そして奥さんの眞紀さんの「くらしの道具のお店」musubiもあります。
 雑誌の特集のタイトルは,「仕事場のある,小さな家。」
 ほかの家もいくつか紹介されています。

 有名な住宅の雑誌に紹介されるようなところで,講師をしたんだなあと思うと,うれしいです。

 我が家は古い団地をリフォームしたのですが,これは寺林さんに設計をお願いしました。
 建築に興味のある夫が,雑誌で寺林さんを知り,お願いしたのです。

奈昌ブログ 住む
(雑誌の表紙)

テラコヤ 風景1
 
 上の2枚の写真は,「初夏の書家」の様子。

奈昌教室2

100_5844.jpg

 こちらは,我が家です。
 書道のお稽古はこのような感じでやっています。
 
 『住む。』記事の中に,「家のような,事務所のような,店のような」とありました。
 (眞紀さんが雑誌に寄せた文章の中のコトバです)
 
 私のウチも,住まいと,主人の書斎と,お稽古場…と。
 自分たちも,来ていただく方もここち良く過ごせるスペースになっているかな?
 私はとても気に入っています。

 実は,はじめは,自宅で書道を教える…とは考えてはいませんでした。
 でも,今こんな風に使うことになり,ステキな家にしてくれた寺林さんに感謝。
 寺林さんを見つけてくれた,夫にも感謝ですネ。

 興味のある方はぜひ,雑誌『住む。』をお手にとってみたらいかがしょうか。
スポンサーサイト




[2013/07/03 09:11] | イベント
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: