fc2ブログ
100_5311.jpg

 先日,知り合いの方からねこやなぎの枝をいただきました。
 二年ほど前に花屋さんで買ったそうですが,とてもじょうぶで,水にさしていただけで,つぎつぎと芽ががでて大きくなったのだとか。
 枝の一部を切ってくださいました。
 辞書をひくと,「ねこやなぎ…ヤナギ科の落葉低木。高さ0.5~2m。早春,葉に先立って白い毛が密生した尾状の花穂がでる。」とありました。

 ふわふわとした白い毛のついたところをさわるとなんともいえない肌触りです。
 柔らかくすべすべで,とても気持ちがいい。
 「わあ,なつかしいー!」
 こどものころ,私の田舎の秋田では,川沿いにたくさんありました。
 学校の帰りに道草をして,ねこやなぎを見つけると,枝をとって,白い毛のところをちぎったりしてときどき遊んだ思い出があります。
 今思えば,いけないことをしていました^^;
 でもそのとき秋田でみたねこやなぎは,毛の部分がもっと真っ白だった気がするなあ…。
 少し,品種が違うのかもしれません。

100_5306.jpg

 いただいた枝をさらに切ってちいさな花瓶にさしてみました。
 すると,上の写真のように,新しい芽がでてきました。
 家の中は,暖房がきいて暖かいので「春」と思ったのでしょうか。

 先日,我が家にある工事の作業が入りました。
 ベテランの作業員の方が,玄関にあるねこやなぎを見つけて,ほかのふたりの30代前後の作業員に
「これは,なにか知ってるか?」と聞きました。
 すると,
「いやあ,知りません。なんですか?」
「そうか,知らないか。ねこやなぎだよ」

 へえ,若い方は知らないんだなー。
 そういえば,最近は,花屋さん以外に外では見かけなくなった気がします。

 新しいねこやなぎの芽がこれからどうなるのか?
 しばらくたのしませてくれそうです。
スポンサーサイト




[2013/02/16 10:55] | 団地
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: