fc2ブログ

 
  私は,毛筆をじょうずに書くには,硬筆の練習が大切だと思っています。
 上の写真は,子どもに硬筆を指導しているときのようすです。
 毛筆の事典の中から,小4で習う漢字を鉛筆でノートに書いています。
 おもに毛筆を学ぶ子どもたちにも,このような硬筆の指導をときどき行っています。

 なぜ,硬筆の練習が大切なのか。
 それは,文字全体のバランスを身につける練習になるからです。

 毛筆で文字のバランスをとりながら書くのは大変です。
 普段書きなれていない毛筆できれいに書こうとすると,非常にたくさんのことに注意しなければなりません。
 基本のよこ画やたて画,始筆(筆の入れ方),とめ,はらいなどがきちんと書けるか,ということにまずは意識がいきます。これを行いながら文字の形のバランスをとるというのは,たいへんです。
 とくに子どもにはむずかしいです。
 
 そこで,「文字のバランス」ということだけを,まず鉛筆でしっかり練習します。
 鉛筆で書くのは普段していることなので,その使い方,動かし方は慣れています。
 だから,「文字の形やバランス」ということに集中できます。
 「文字の形をしっかり見て,そっくりに書いて」というと,子どもたちもわりあい簡単にしっかりとできます。
  
 たとえば「月」という字のたて,よこの線がどのくらいの長さか,はねはどちらの方向にはねているのか…など。
 ひとつずつ丁寧にみて指導します。
 硬筆で正しく直すのはすぐにできます。
 鉛筆で練習することで,正しい文字の見方や書き方を覚えられるのだと思います。
 
 そうやって文字の形やバランスを硬筆でしっかり身につけていきます。
 その一方で,毛筆での筆の運びなどの基本もしっかりやっていく。
 つまり,硬筆で字の形などを練習してそれに毛筆の基本が合わさるとうまく書けるのです。

 硬筆がうまく書けると,毛筆もうまくなる。また,毛筆がうまくかけると硬筆も力強く今まで書けなかったような字が書けるようになっています。

 今回は,子どもの指導について書きましたが,このことは,大人の場合もあてはまると思います。
  
 ぜひ,硬筆,毛筆の両方をやってみましょう!

スポンサーサイト




[2013/01/22 19:45] | 書道教室
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: