fc2ブログ
お正月、銀座で書道展をみてきました。銀座和光にあるセイコーハウス銀座ホール(旧和光ホール)とセントラルミュージアム銀座の2会場で開催されている「現代の書 新春展」です。

銀座4丁目交差点付近の写真。中心の道路は、この日は歩行者天国。家族連れなどでにぎわっていました。

 銀座

まず、セイコーハウス銀座ホールの展示をみました。

銀座和光のショーウィンドウには、今年の干支の龍の、迫力のあるオブジェが飾られていました。多くの人たちが写真をとっていました。

 和光

 和光か

こちらの会場では、毎日書道会の顧問、理事、幹事、など、日本を代表する書家の作品が飾れていました。

落ち着いた雰囲気の中、ゆったり見ることができました。漢字、かな、篆刻など、どれも新春にふさわしいすばらしい作品ばかりでした。

次は、紙パルプ会館のセントラルミュージアムへ。毎日書道会から選抜された100人の代表作家による展覧会です。

 新春展か

会場に入ると、出品している書家100人が書いた、今年の干支の辰の字が飾られていました。1つの作品はハガキサイズ。この展示は、毎年の干支を題材に恒例となっています。

 干支

漢字もあればかなもあり、書体もさまざま。同じ干支の文字でも、「辰」「龍」「たつ」など色々あってたのしい。皆さん興味深い様子で見ていました。
 
今年も年始恒例の銀座の展覧会を、ゆっくりと見ることができました。

 新春展あ

 新春展

銀座の街は1月2週目の連休ということもあり、お正月気分は落ち着いていましたが、大勢の家族連れや海外の方がたのしそうに歩いていました。そんな様子をみて、明るい気持ちになりました。

今年も美しいものを見る機会が多くあるといいなあと思いました。
スポンサーサイト




[2024/01/31 18:47] | 書道教室
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: