fc2ブログ
100_4987.jpg

 12月も中旬をすぎ,今年も残り2週間足らずとなりました。
 小学生は来週から冬休みです。
 クリスマスのイベントもたのしみですが,書道教室としては,冬休みの「書初め」の課題が気になります。
 そろそろ今回の課題もわかるころです。

 小学3年生から毛筆の課題がだされます。
 用紙のサイズも書きなれた半紙とは違う,縦長の「書初め用」です。
 できるだけ早めに練習しておきたいものです。

 上の写真は,つい最近小4の生徒さんに書初め指導をしたときのものです。

 まずは,あせらずにこれまでに習った基本を復習です。
 基本ができると,子どもさんの気持ちも不安から自信に変わります。

 そして,課題の一文字ずつを半紙に練習します。
 最後に本番のお清書用紙のサイズに書いて,全体の大きさを体感します。

 基本が身についていれば,少し字形を学ぶと,なんとか作品が出来上がります。

 でももう少し練習すれば,さらによい作品ができるはず!
 次回のおけいこには,「この字のはねの部分をもう少し堂々と…」などと,がんばってみましょう。

 ゆっくりと,もっと細かい部分に気をつかって。
 
 とにかく,粘りづよく丁寧に指導していきます。

 どんなに上手な子どもさんでも,一度ではなかなかうまくいきません。
 そして,時間が経つとすぐうまく書けたところを忘れてしまいがちです。
 何度か繰り返し書くことが大切です。
 
 よい新年を迎えられるように,すばらしい「書初め」ができたらいいなあ…。
 
 今回の追記も,また,紹介していきたいと思います。


 ※書き初めの課題を指導してほしい!という方。
  ぜひ,前回紹介した「体験書道教室」にご参加いただけたらと思います!

 メール:akita.nashoあっとgmail.com
(あっとを@に変換して返信ください)
 
スポンサーサイト




[2012/12/20 23:59] | 書道教室
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: