fc2ブログ
お正月に銀座と有楽町で、3つの書道展を見てきました。銀座では、和光ホールとセントラルミュージアム銀座の2会場で開催されている「現代の書 新春展」を、有楽町では「第三十八回雅涎会書展」です。

この日の銀座は大変寒く、昼ごろから雪がちらつきはじめました。

銀座

まずは、セントラルミュージアム銀座での「現代の書 新春展」を見ました。

セントラル

会場に入ると、出品している書家100人が書いた今年の干支の寅の字が飾られていました。1つの作品はハガキサイズほど。この展示は毎年恒例となっています。

セントラル2

セントラル2

漢字やかな、書体もさまざまです。同じ「とら」でも色々あってたのしい。皆さん興味深かそうに見ていました。

ほかの作品もすばらしいものばかり。静かな会場でゆったり見ることができました。

セントラル1

次は、銀座・和光本館6階の和光ホールへ。

和光ホール

銀座和光のショーウィンドウの装飾も「寅」です。

和光ホール1

大きな作り物の寅の顔は大変リアルで、ブルーの目は時々まばたきしていました(^-^;

こちらの会場では、毎日書道会の顧問、理事、幹事、そして第72回毎日書道展の最高賞・文部科学大臣賞受賞作家など、日本を代表する書家の作品が飾れていました。

会場は大変賑わっていました。どれも新春にふさわしいすばらしい作品ばかりで、気持ちが明るくなりました。

最後に有楽町まで歩いて、有楽町朝日ギャラリーに向かい「雅涎会書展」を見てきました。この会ではその年の干支の生まれの作家の作品を展示しています。

ただし今回は昨年の丑年生まれの書作家による展覧会(昨年できなかったため?)。私の所属する団体の先生方も出品されていると聞いて行ってきました。

朝日ホール

落ち着いた会場には、さまざまな大きさや表装の作品が飾れていました。私も今まで取り組んだことのない大きさなど、新しいかたちの作品に挑戦したいなあと思いました。

朝日ホール1

今回は、銀座付近の3つの展覧会をゆっくりと見ることができました。あいにくのお天気でしたが、会場は大変華やかでした。お正月にステキな作品を見ることができて、明るい気持ちになりました。

地元の駅に着くころにはすっかり雪景色。

 雪景色2

次の日、我が家付近の草木には雪が積もり、それらが朝日を浴びて輝いていました。

雪景色1

雪景色

今年も美しいものを見る機会が多くあるといいなあと思いました。
スポンサーサイト




[2022/01/13 20:02] | 書道展
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: