fc2ブログ
先週銀座で、「現代の書 新春展」を見てきました。
会場は、銀座・和光本館6階和光ホールと、紙パルプ会館5階セントラルミュージアム銀座の二会場です。
年初めに、この書道展を見るのは、毎年の恒例になっています。
今年は、書道のお仲間といっしょに行きました。

この日、銀座のメイン通りは、歩行者天国になっていて、たくさんの人で賑わっていました。

 2018年1月銀座

まずは、セントラルミュージアム銀座に向かいました。
中に入ってすぐ、100人の書家の方々によって書かれた今年の干支の文字が展示されていました。
ひとつの作品の大きさはハガキサイズほど。書体は、行書、篆書、かななど様々です。
それぞれの「いぬ」の文字がたのしい。

 2018年1月セントラルミュウージアム銀座
 
次は、和光ホールへ。
銀座和光のショーウインドー。
やはり、「いぬ」。

 2018年銀座和光ホール

2018年1月和光ホール

二会場とも展示されている書は、すばらしい作品ばかりでした。 
「今年も、お正月から美しい作品をたくさん見れてうれしいね」
と、お仲間と話しながら楽しく見ることができました。

今年も、たくさんの展覧会に行けたらいいなあと思いました。
スポンサーサイト




[2018/01/13 17:30] | 書道展
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: