fc2ブログ
100_4471.jpg

100_4426.jpg

 7/22(日)に,第64回「毎日書道院展」に行ってきました。
 今年の出品は全国から3万1300点あり,そのうち入選して会場に展示されたのが,1万4000点。日本で最大規模の書道展です。
 今年は,上野公園にある東京都美術館と乃木坂の国立新美術館の2会場で行われました。
 まずは,自分の作品とお仲間の作品などが展示されてある,東京都美術館へ。
 日曜日の上野公園は,家族連れなどでとても賑やかで,会場にもたくさんの人が来ていました。
 展示作品は,漢字,かな,近代詩文書,篆刻,前衛書など,さまざま。初めて来た人は,まず,作品の多さに圧倒されることでしょう。


100_4437.jpg

100_4433.jpg
 
 私の作品は,かな部門で和歌一首。6尺×2尺(182㎝×61㎝)の紙に,縦書きでつくりました。
 創作のポイントは,上の部分の「はるの(春乃」の部分です。ご指導くださった先生とお話しして,「ふんわりと,春のおだやかな情景が感じられるように…」ということをめざして書きましたが,どこまでできたかなあ…。
 
 作品づくりにあたって,先生は常々,その作品の「魅せ場(強調したいところ)」はどこなのかを意識してとおっしゃいます。
 大きな作品だけでなく,半紙のような小さい作品をつくるときも,それと同じことだと。

100_4441.jpg

100_4463.jpg
 
 上の写真は,東京都美術館の休憩スペースの写真です。
 美術館は,耐震工事にともなって,リニューアルされていました。
 イスのデザインは,以前と同じもののようですが,座面の布が張り替えられ,鮮やかになっています。とても心地の良いスペースです。
 このようなスペースが,各階にいくつかあって,少しずつ色の組み合わせなどが違い,すてきだったので撮りました。(リニューアルオープン記念のポスターも,このスペースの写真が使われています)
 ほかの美術館にもたいていは同じようにすてきな休憩スペースが設けられいます。日常から離れ,心地の良いところでほっとするのは,美術館にでかける楽しみのひとつです。

100_4491.jpg

 続いて,国立新美術館にも行きました。生誕120年を記念して,「熊谷恒子の世界」展も開催されていました。
 女流かな書の第一人者として知られている方です。
 かなの美しい線が表現された,すばらしい作品ばかりでした。
 じっくり観ていると時間が足りなくなりました。

100_4493.jpg
(パンフレットの写真のアップ。先生の作品の上にのってるネコがキュート!)

 100_4468.jpg

 上野公園では,不忍の池を散策したり,気持ちのよい一日となりました。

 身近なお仲間の作品,すばらしい受賞作の数々,一流の書家の作品…,すべてに刺激を受けて,帰ってきました。
  
 また,来年もこの会場に展示されるような作品をつくろう!と思いました。
スポンサーサイト




[2012/07/23 10:56] | 書道展
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: