fc2ブログ
 7月26日(日)に、永山公民館(ベルブ永山)で、「親子・孫でたのしむ 体験書道教室」を行いました。
 2組の親子と高校生お一人の参加がありました。
 子どもさんは、全員小2。
 今回も前回(7/12)と同じく、書道(楷書)の基本を学んで、最後にうちわに文字を書きました。

  2015年 体験4

 最初に、皆さんで自己紹介です。

 「今年の七夕の短冊に、小2の息子が、字が上手になりたいですと書いたので、参加しました」と、お母さん。
 小2の男の子は,「きょうは、”夏”ってかきたいです!」とのこと。

 「娘が、上手に文字を書きたいと思えるきっかけになれば」と、小2の女の子のお母さん。

 高校生の女子は「夏休みの思い出に」とのこと。
 
 子どもたちは、全員が書道初体験。
 はじめに、書道具の説明をしました。

 「筆おき」などの道具をとりあげて「これは何でしょうか?」と子どもたちに質問したりしました。
 すると小2の女の子が「筆をおくから、筆おき?」などとと言い当てたりします。参加している皆さんから「すごーい」と歓声が沸きました。
 大人の皆さんが小さなお子さんたちを優しく見守りながら、和やかな雰囲気で会は進んでいきました。

 2015年 体験3

 大人も子どもも同じく、楷書の基本、横画(一)、縦画(Ⅰ)の練習から。
 はじめてのお子さんたちには、ときどき筆を持つ手に手を添えながら指導しました。

 2015年 7月26日体験2

 書道は中学校以来という高校2年の女の子は、
 「なかなかうまくいかないなあ」と言いながらも、しっかりした線が書けています。
 
 「おお、上手だね!」と、お母さんが小2のの娘さんの書いた文字を見てほめると、お子さんも笑顔を見せていました。

 いよいよ最後は、うちわに文字を選んで書き入れます。

 どんな文字を書くか…、上手に書きたいなあ。
 みんなドキドキです。

 親子二人で苗字を一文字づつ書いたり、夏らしい”空”、”花”を書いたり…。

 2015年 7月26日体験

 最後には、出来上がったうちわをみんなで見せ合いながら、にっこり。
 
 いただいた感想文を紹介いたします。

 「たてとよこをかくのがむずかしかった。」 小2 女の子。

 「できたら子どもたちと一緒に先生の教室に通いたいなあと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました」 小2の兄妹のお母さん。
 
 「とてもたのしかった。うまくかけた。」 小2 男の子。

 「書道は、中学校以来だったので久しぶりでした。横画、縦画だけでも意外と難しくて、勉強になりました。とても楽しかったです。」 高2 女子

 「さいしょはへただったけど先生におそわったらきれいにいかけました。きょうはありがとうございました。」 小2 女の子。

 「和やかな雰囲気の中で、久しぶり(小学校以来?)の書道ができてとても楽しかったです。普段も子供と同じ様に「ていねい」を心掛けて字を書きたいなと思い直しました。」 小2女の子のお母さん。

 夏休み中の会らしい、たのしい会となりました。
 また書道をしてみたいなあと思う機会になったらいいなと思いました。

 暑い中、参加してくださった方々ありがとうございました。

 「夏休み 親子・孫でたのしむ 体験書道教室」は、好評につき、8/1(土)、8/23(日)も行います。
 まだ空きがあります。
 
 日時 ②8月1日(土) 9:00~11:00
     ③8月23日(日) 9:00~11:00  
 会場 ベルブ永山 4階 永山公民館 学習室
 会費 お一人様1000円 子どもさん半額500円
    (材料費込み)
 *道具は会場にもございます。

 参加ご希望の方は、前日までに下記まで、①参加希望日②お名前、参加人数(お子さんの年齢)③ご連絡先(電話・メールアドレス)をご記入の上、お申込みください。
 
 申込先 秋田 奈昌(あきたなしょう)
 メール akita.nasho(あっと)gmail.com
      (あっとを@に変換して送ってください)
 尚,会場のベルブ永山のポスターやチラシ,たま広報(7/5号)、多摩市掲示版(7/15付)には連絡先(携帯番号)も記載してあります。
 そちらからのお申込みも可能です。
 
 2015年 市役所掲示板

 お待ちしております。
スポンサーサイト




[2015/07/29 22:25] | 体験教室
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: