fc2ブログ
 子ども教室では、毎月昇級に挑戦している子どもたちがいます。
 ヨークカルチャーセンター府中こども書道教室と合わせて、挑戦しているのは20人弱ほど。
 毛筆・硬筆それぞれの作品を毎月チェックをして、期日までに団体の本部に提出します。

 2015年 昇級のチェック

 たくさんある作品を間違えないようにセットすることは、大変です。
 一人の生徒さんが清書として仕上げた作品は、毛筆・硬筆とも2・3枚あります。その中から、さらにこれぞと思うものを選びます。
 
 「こちらは形はうまいけど、名前がうまくいかなかったなあ」
 時間をかけてなんども繰り返し眺めてみます。

 子どもさんががんばって練習して書いた作品です。
 昇級したときの喜ぶ顔がみたい。
 いい加減には選ぶことはできません。
 
 提出する作品を選んだあとは、出品用の券にひとりひとりの名前と会員番号、それぞれ挑戦する級を書き入れます。
 間違ってはいけない、神経の使う作業です。
 これもまた、なんども確認します。

 こういった作業は、半日ががりです。
 期日までに、手続きが終わるとほっとひといきです。

 これは、毎月の私の仕事です。
 あとはどんな結果が来るのか…。

 昇級する作品を書けるように指導すること、よいと思う作品を選ぶこと、どちらも大変ですが、誠心誠意がんばっています。 
スポンサーサイト




[2015/04/19 21:38] | 書道教室
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: