fc2ブログ
11月も下旬になりました。だいぶ季節も進み、朝晩も寒くなってきました。写真は、我が家のベランダからとった紅葉と遠くに見える富士山です。

紅葉

ふじ

先日、小5の女の子の体験レッスンを行いました。

お母さんがお教室の看板を見て、ブログを検索して当教室を知ってくださったとのこと。この日はお母さんといっしょにやってきました。女の子は「こんにちは」と、少し緊張した様子でごあいさつ。

レッスンは、私はマスク着用で、お教室の換気をしながら行いました。

お筆は学校で使っているものを使いました。ほかのお道具は、お教室のものをお貸ししました。

まずは書く前に硯、文鎮などについて、「これは何といいますか?」などと問題を出したりして、緊張をほぐします。

毛筆の体験は、基本の練習から。横画(一)、たて画(Ⅰ)を半紙に書きました。「お手本とそっくりにゆっくり書きましょう」と話しました。

 体験か

女の子は線を一本一本、丁寧に書き始めました。お母さんは、隣で静かに様子を見守っていました。

「大変上手ですね。どの線がお手本に似ていますか」と聞くと、「これかなあ」と一本の横画の線を指さします。

「そうですね、長さと太さとがそっくりですね」と、上手に書けた線にはな丸をつけると、うれしそうにほほえんでいました。

「では、線の終わりのところをもう少し練習しましょう」と話して、次は私も少しお手伝い。女の子の手に私の手を添えて、ゆっくり筆に墨を含ませていっしょに書いてみます。

次はコツをつかんで、何本も上手に線を書けました。大変うれしそうでした。

最後に、「土」いう字を上手に書いて、きれいに名前を入れて終了です。

女の子は、お母さんに書いた文字を見せていました。お母さんもがんばっているお子さんを見てうれしそうでした。ぜひ通いたいと、入会を希望されました。

女の子は、体験後の感想のアンケートでは「たのしかった」に〇をして、「学校で習っていないことを丁寧に教えてくれてたのしかったです!」ときれいな字で書いてくれました。

 感想文

そして早速、次の週からレッスンに参加しました。下の写真は、入会した女の子のお教室の様子です。同じ学年の小5の生徒さんといっしょに真剣にお稽古しています。みなさんと自己紹介をしあってなかよくお稽古。この週は毛筆のレッスンです。

 体験ま

また次の週は硬筆の指導をしました。基本のひらがなを10マスの国語のノートに丁寧に練習です。

体験さ

以前から通っているほかの小5の女の子が、「上手だね。私もはじめにこの練習をしたよ」と優しく声をかけていました。少しずつお教室に慣れて、ほかの生徒さんとも会話を交わしてよい雰囲気です。

学校が違うお友だちとこうやって書道するのは、じつによい経験で、当教室のような習い事ならでは。

その様子を新しく入った女の子のお母さんに報告すると、「本人もたのしかったと話していて、安心しました」と連絡がありました。

これからもなかよくたのしくお稽古しましょうね。

スポンサーサイト




[2023/11/21 09:57] | 体験教室
トラックバック:(0) |