fc2ブログ
先月、2組の体験レッスンがありました。それぞれの様子を紹介します。

まず、小3の男の子のレッスンです。「子どもが書道に興味があって、外の看板を見てきました」とお母さんはおっしゃっていました。

 たいけん6

体験当日。お母さんに連れられてやってきた男の子は「こんにちは」と元気にごあいさつ。この日は、毛筆の体験です。お道具は教室のものを使いました。感染防止対策で、私はマスク着用。

「今日学校で書道したんだあ」と男の子。小学校では3年生から毛筆の授業がはじまります。「では上手に書きましょうね」と話すと、「はい!」と元気な声で返事が返ってきました。お母さんも「がんばってね」と脇で優しく見守っていました。書く前には硯、文鎮などについて「これは何でしょう?」と名前を質問したりして緊張をほぐします。

毛筆の体験は基本の練習から。横画(一)、たて画(Ⅰ)を半紙に書きました。

「お手本とそっくりにゆっくり書きましょう」と、声がけします。上手に書けなかったところは男の子の手に私の手を添えて、ゆっくりといっしょに書いてみます。

「じょうずにかけた!」とうれしそうにほほえんでいました。大きくはなまるをつけました。

お母さんも「○○くん上手!」とよろこんでいました。男の子はお母さんの方を見て笑顔。よい雰囲気です。

 たいけんかんそう

最後には半紙に「土」という字を大きく書き、名前を入れて終了です。男の子は感想文のアンケートに「とてもたのしかった」に大きく〇をつけて「すっごいたのしかった」と書いて上手にイラストも描いてくれました。お母さんは「ぜひ」と入会を希望されました。

下の写真は、体験レッスンの後、男の子の最初のレッスン日の様子です。「よろしくお願いします」と皆さんとあいさつを交わしていっしょになかよくレッスンをしました。

 たいけんa

別の日には小1の女の子の体験レッスンがありました。女の子の小4のお兄さんがすでに当教室に通っています。「妹も書道をしたいとずっと話していて、まず体験をさせたいと思います」とお母さんからお話がありました。

この日はお兄さんのお稽古といっしょに、女の子の毛筆の体験を行いました。

「こんにちは」と元気にごあいさつ。「お兄ちゃんといっしょにたのしく書道しましょうね」と話すと、少し照れたような笑顔。お母さんもととなりで優しく見守っていました。

女の子は今回がはじめての書道です。「しずかにやさしくおふでを持ちましょうね」と話すと、「はい」と素直に答えていました。
はじめに基本の練習から。横画(一)、たて画(Ⅰ)を半紙に書きました。

 たいけん一年

隣でレッスンをしているお兄ちゃんが「○○、もっと筆を立てて書くんだよ」と、やさしく声を掛けます。お兄さんも妹が気になる様子。ほほえましい雰囲気です。隣でお母さんも静かにほほえんでいました。上手に書けたところに大きくはな丸をつけると、「やったあ!」と喜んでいました。

最後には、「二」という漢字をきれいに書いて、名前も入れて終了です。大変上手に書けました。妹さんの上手に書けたお清書の作品を見て、「すっごい、これ○○が書いたの?」とお兄さんもよろこんでいる様子でした。

兄妹でいっしょにお稽古するのはいいなあと思いました。

 たいけん感想

上の画像は、レッスンの終了後の感想文です。

「たのしかったです、ありがとうございました。これからもよろしくします」と上手に書いて、かわいらしいイラストも描いてくれました。
「上手に書けてるね」とお母さんもよろこんでいました。「ぜひ続けたい」と入会されました。

体験レッスンの翌週の最初のお稽古の様子です。お兄さんと同じクラスで、大人の方やほかのお子さんたちといっしょになかよくお稽古しています。

私の教室では、硬筆と毛筆の両方の指導をしています。

 たいけん4

 たいけん
スポンサーサイト




[2023/06/11 11:13] | 体験教室
トラックバック:(0) |
6月になり、私の住む東京多摩地区は梅雨に入りました。
我が家の団地のあじさいが見頃です。今年もきれいに咲いています。何枚か写真を撮りました。

 あじさい3

 あじさい23 1

紫陽花2

紫陽花1

紫陽花

あじさいは雨がよく似合います。これから梅雨空が続きますが、きれいな花に癒されながらおだやかに過ごせたらと思います。


[2023/06/09 16:30] | 団地
トラックバック:(0) |